Brightness Of The Lives について

リーダーの曽根麻央は以前より、日本の伝統的サウンドとエレクトリック・ジャズのサウンドを調和させるアイディアを持っていました。
2014年、曽根麻央がまだボストンにある有名なバークリー音楽大学に在学中のこと。全米桜祭りでとある有名日本人サックス奏者の伴奏をするためにリズムセクションを作ってバンドをリードしてほしいと依頼を受けました。すぐにメンバーの構想が浮かび、同世代で当時ボストンに住んでいたミュージシャン3人 - 井上銘(guitar)、山本連(bass)、木村紘(drums)に電話をかけました。
のちにBrightness Of The Livesと名付けられるこのバンドはすぐにワシントンDC全米桜祭りのオープニングセレモニーの一環としてワーナー劇場にてその最初の演奏を行いました。さらにその一週間後には老舗有名ジャズクラブ:ブルースアレイ(ワシントンDC)にて演奏しました。
DCツアーの成功ののち、何回かのミニ日本ツアーを敢行。現在、井上、山本、木村の各個人は日本の東京ジャズシーンをリードする存在になっています。2017年の夏には曽根が帰国することで、バンドとしてさらに精力的な活動が期待されています。今後の活動から目が離せません!​

次回公演

8/5 (土) @ 流山エルズ(生涯学習センター)

Get Tickets

8/18 (金) @ Tokyo Tuc

Get Tickets
詳しくはスケジュールへ

ソーシャルメディアの投稿にはハッシュタグ #BotLives  を使ってください!

Brightness Of The Livesについてフェイスブック、ツイッター、インスタグラム等のソーシャルメディアに投稿される際は是非ハッシュタグ #BotLives を使ってください。リツイート、リポスト、シェアーなどさせていただきます。

みなさまの応援が私たちにとって財産です。今後の活動にも是非注目してください!

コンタクト / ブッキング
Brightness Of The Livesのコンサート、ライブのブッキングはこちらのフォームよりお願いいたします。
お名前
電話番号
Brightness Of The Lives 出演依頼
EMAIL
Submit